オンライン商標保護

オンライン商標保護戦略を策定して、
ブランドとビジネスを保護しましょう

オンライン商標保護は、何者かがお客様のブランドを悪用して私益をはかろうとするときに生じる収益、評判、顧客からの信頼の損失と戦います。

ウェブによる驚異的なリーチとそれに伴う経済の増大は、ブランド所有者が顧客を魅了し収益を上げる方法に革命をもたらしました。 しかし、合法的なビジネスをこれほど魅力的となったウェブの特性は、強力なブランドをオンラインでハイジャックしようとするブランドの不正使用者にも極めて有利に働くものとなりました。

この匿名性の高いグローバルメディアでは、貴社ブランドに対する脅威は、ありとあらゆる方向からその触手を伸ばしてきます。 たとえば、偽造者はEコマースサイトをセットアップし、一部の商品イメージをダウンロードすることで、貴社の顧客の横取りを画策することができます。 心得違いのアフィリエイトが貴社のブランド価値を持った検索用語を取得し、サイトへのトラフィックで張り合おうとする可能性もあります。 著作権侵害者は映画など(あるいは他のタイプのデジタルコンテンツ)のデジタル版をアップロードすることで、収益を盗もうとします。 デジタルの世界では、認識度の高いブランドを有する企業は、巧名で常に進化する攻撃の潜在的なターゲットとなっています。

昨年、オンラインの商標不正使用により、ブランド所有者は3500億ドル以上を損失

オンライン商標不正使用による財務的影響は実質的に浸透しつつあり、収益の損失、顧客サービスコストの上昇、法的責任問題の発生などを引き起こします。 オンライン商標不正使用のその他の影響はより潜行性で、マージン、ブランドのレピュテーション、顧客の信頼などをじわじわと蝕んでいきます。 たとえば、ブランド侵害者は、検索エンジンマーケティングのハイジャック、ソーシャルメディアを使った侵害、信頼されたブランドを装ったブランドのウェブトラフィックの横取り、模倣品や偽造品の不正売買などを行う可能性があります。 デジタルワールドにおける商標の不正使用は、チャネルを通じて発生し、具体的な被害をもたらすためのベストプラクティスを活用しています。

ブランドの収益やレピュテーションに対するオンラインの脅威は大きく、さらに—増大しています。

  • 2010年、ドメインスクワッティングは28%増加

  • 過去12か月間で、悪用サイトへのアクセスは530億件に到達

  • 商標関連有料検索トラフィックの14%がハイジャックされました

商標への脅威が増加するに従い、商標保護戦略も不可欠のものとなります。 企業はオンラインとオフラインの両方で価値を作り上げるために、時間、費用、資源を投資しています。 スマートブランドには、デジタルの分野でそれらを認識し、投資を保護するための積極的な戦略的アプローチと即効性がありコスト効率の良いソリューションを提供する経験豊かなパートナーが求められます。 フォーチュン100社の半数以上が MarkMonitor を選びました。 弊社のご提案をご覧ください。

お客様の役割は何ですか?

オンライン商標保護 ROI について

Whois 検索: