経営陣

チャーリー・エイブラハムズ
ヨーロッパ・中東・アフリカ担当
バイスプレジデントおよびジェネラル・マネージャー

チャーリー・エイブラハムズ氏は、国際的な技術系大手企業に対してヨーロッパで強力な存在感を生み出す実績があり、広く認められたエネルギッシュな経営者です。同氏の経験としては、Network Associates社から売却されたNetwork General Corporationのためにヨーロッパ・中東・アフリカにおける組織の再構築と運営を行なったことなどが挙げられます。この間、同社の収入を大きく成長させました。それ以前、同氏は、Plumtree Software (後にBEAが買収) に勤務し、ヨーロッパでの事業をゼロから構築し、Global 100の顧客を獲得、新事業としてコンサルティング・サービスを付け加えました。また、Amdahl Corporation、IBM、Burroughs Machinesの幹部という経歴があります。ロンドンに拠点を置き、ケンブリッジ大学の経済学・社会学で優等の修士号、バーミンガムのキング・エドワード・スクールで奨学金を受けています。

トム・ライデン
財務担当シニア・バイスプレジデント

トム・ライデン氏は20年以上にわたる財務関連の経験をMarkMonitorに持ち込み、もっとも最近では財務・会計監査の職を担当しています。MarkMonitor以前には、SCP Global Technologies Inc.の財務・会計監査ディレクターを務め、その責任は財務、法務、IT部門にわたりました。それ以前のキャリアでは、Coopers & Lybrand社 (現Pricewaterhouse Coopers社) のマネージャーを務め、さまざまな業界における公共・民間企業での監査と内部統制を管理しました。同氏は、COSOフレームワークでの内部統制評価・報告の早期利用者であり、これは現在サーベンス・オクスリー法順守のために使用されています。アイダホ大学の経営管理学で理学士号を取得。現公認会計士。

トリーナ・シュナップ
人事担当バイスプレジデント

シュナップ氏は、各種業界において、さまざまな成長段階の企業で活躍し、才能、文化、組織の効率性の戦略を推進した15年以上の人事指導の経験をMarkMonitorに持ち込みました。MarkMonitor以前には、Jones Lang LaSalle社、Equity Office Properties社の西部地域振興ビジネスにおける人事戦略を指揮しました。また、それ以前の指導的な役割としては、BBC Technology社 (英国放送協会の一部門) 北米人事の主任、OpenTable社の人事ディレクターを務めています。サンフランシスコ州立大学の心理学で文学士を取得。人材マネジメント協会の積極的なメンバーでもあります。

デビッド・シルバー
ジア太平洋地域・中南米担当バイスプレジデント

デビッド・シルバー氏は、企業戦略と製品イノベーションを指揮した経験があり、さまざまな企業を新市場へと拡大することに貢献しました。MarkMonitorでは、アジア太平洋地域と中南米での事業で指揮を取り、市場シェアと収益成長を担当しています。以前MarkMonitorでは事業開発なども担当していました。MarkMonitorより前には、フォーチュン誌トップ500社のウェブ行動データのモニタリングとトラッキングに焦点を絞るNetAcumen, Inc.の創設者および最高経営責任者でした。NetAcumen社は後にResponsys, Inc.に買収されました。また、Sagent Technology, Inc.の事業開発担当バイスプレジデント、およびAndersen Consulting社の製品管理ディレクターを歴任しました。ジョージア州アトランタのエモリー大学で数学・コンピュータサイエンスと社会学の両専攻で学士号を取得。

 

Whois 検索: